アメリカの立ち退きで思ったこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0


外国の部屋


まだまだ物に執着する まさと(@masato_s0125) です。(^^ゞ

先週のWBS(ワールドビジネスサテライト)を見てたら、住宅ローンや家賃が払えなくなった人を強制的に退去させる専門の「立ち退き執行警察官」の特集をやってた。

執行されると即座に大事なものだけを持って家から立ち退かなければならない。つまり家財道具のほとんどを置いてでなければならないのだ。これは切ないよね。

滞納したまま住み続けているのも悪いけど、荷物を持ち出すだけの時間を与えるべきと思った。でもそれだと警察官の時間的ロスや二度手間が生じてしまうから難しいんでしょうけどね。

もし自分が立ち退かなければならないようになったら嫌やわ。(^^;
ただでさえ物が多いんだから、持って出るのは大変だと思う。それなら不要なものは日頃から処分して物を減らさなけれなばらないよね。って立ち退きを迫られるようなことは何もしてないけど(笑)

立ち退きにしろ、災害などで家を出なければならないこともあるだろうし、出来るだけ未練なく身軽に動けるようにしておくのも大事なことかなとも思う。

一時期に比べて物は減ったほうだけど、まだまだ減らさなければならない。いつもどうすればモノを減らせるかを考えている。

  • 1日2〜3分ほど掃除&整理整頓する
  • 物を持ち込んだから、それ以上のものを処分する
  • 1年経って触ってないものは処分する
  • 書類は電子化する
  • 本・雑誌や漫画は読み終われば処分するか自炊する
  • 収集は辞める
  • 収納家具は買わず減らず

などのルールを決めて物を捨てていってます。
物が無ければ部屋が広くなるので一石二鳥ですよ(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    収集を辞めるっていうのが一番困るわσ(^^)

  2. まさと より:

    収集してると増えるだけだからねぇ。(^^;
    昔、収集してたものが残ってるが今からしたら金の無駄だった(笑)