GoPro HERO6を購入して動画撮りまくり!映像の綺麗さに購入して間違いはなかったと実感

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ついに GoPro HERO6 を購入しました!

ずっと前から欲しかったのですが買うタイミングがなく、YouTubeのメインチャンネルを再始動するにあたり、動画が撮影できる機材が欲しくて購入することにしました。

今までブログで寺社仏閣の記事を多数書いてきましたが、今度は動画での寺社仏閣紹介ができればなと思っています。

購入して2ヶ月ほど経過しましたが、コレは凄いです!

動画撮影する熱が日に日に増してきて、とても面白いんですよね。最初は失敗ばかりですがコツを掴んで自分なりの撮影方法が確立され始めるととても楽しいのです。
 

スポンサードリンク

GoPro HERO6 Black

▲ 今まで使用していたアクションカメラは右の1万円ほどの安いカメラなのですが、安いだけあって画質がイマイチなのとメモリーカードの取り出し難さが最大の欠点でした。

主に車載で車を運転しながらの街の風景を撮影していましたが、振動によるブレが今から動画を見返すと凄いですよね。

GoProと比べると差は歴然です。それだけ GoPro HERO6 が凄いことに驚かされます。

最初は安いアクションカムで良いやと思っている人は間違ってる。少しでもGoProが気になっているのなら、安いのは買わずに最初からGoProを購入することをおススメします。

ただし、 GoPro HERO6 にも欠点があります。これは使い方次第ですけど、詳しくは後で述べます。
 

一番最初に揃えたアクセサリー

▲ GoPro HERO6 とともに買い揃えたアクセサリー類はこちらです。

・液晶保護フィルム
GoProの液晶を傷や衝撃から守るために保護フィルムはあった方が安心です。もちろんレンズの保護フィルムもセットになっているので安心。

▲ 3ポートUSB充電器
そして予備バッテリーが2つ付属しているUSB充電器ですね。バッテリー1つで1時間ちょっとしか使用できないので、予備バッテリーは必要になります。この商品はバッテリー付きの充電器なので、これさえ購入すれば安心です。

▲ GoProアクセサリーセット
そしてアクセサリーセットは絶対に必要です。GoProで撮影するのに固定するための器具類や、体などに固定したりガラスなどに貼り付けたり出来るのも含まれています。この中で一番使っているのが自撮り棒です(笑)

・microSDXCカード 128GB Class10
絶対に必要なのがメモリーカードです。64GBでも十分だとは思いますが、私は1回で4時間ほど撮影することもありますので128GBのメモリーカードを購入しました。もちろんメモリーカードの容量が足りなくなってリ壊れたときのために、予備で64GBのメモリーカードも持ち歩いています。
 

GoProを使った感想

▲ さっそく GoPro HERO6 を持って初撮影したのがこちらの動画になります。

いやぁ〜すごい綺麗に撮れていてビックリなのと色が鮮やかですね。なによりも HERO6 最大の特徴とも言える手ぶれ補正が効いているので画面の揺れが滑らかで見やすいのです。

広角な映像なのもあって周辺がよく撮れていますね。

ただ動画の中でも言ってますが、 GoPro HERO6 はマイクが思っていた以上によろしくないのです。小さくて篭ったように収録され、この手の動画には不向きになってしまいます。喋らずに周囲の環境音を映像とともに撮るのなら全然問題ないです。

防水仕様であるがゆえにこのような状態になってしまうんでしょうね。

なので対策として、別に音声だけを収録する機器を追加購入しました。このレポートはまた後日記事にしたいと思います。
 

締めの一言

GoPro 楽しい!この一言につきますね。

GoPro1つあれば大丈夫かと思っていたのですが、より綺麗の撮影したいと欲が出てきてそのためのアクセサリーや機材を追加購入することになってしまいました(笑)

いずれ記事にしたいと思います。お楽しみに〜♪
 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする