ゴーヤが植わってる土が乾かないように「水やり楽だぞう」を試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

夏の暑い時期ももうそろそろ終わりそうな気配を感じる今日この頃。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

夏の暑い時期は作物を育てているプランターの土がカラカラに乾いてしまうことが多いです。

今年植えたゴーヤは特に水を吸収して良く育ってくれるんですよね。

そこで導入したのが「水やり楽だぞう」でございます!
 

スポンサードリンク

水やり楽だぞう

▲ 購入したのは「水やり楽だぞう」で1袋4本入りで2セットとなっております。写真はすでに使用後なので2本ありません。(^^ゞ

▲ これは簡単な仕組みでして、この商品を水に濡らしてペットボトルに入れて片方をプランターの土へ埋めます。

すると土が乾くとペットボトルの水を吸ってることで、乾いた土を湿らせてくれるんです。

▲ 反対側にも同じようにセットしてあります。

7月の上旬から導入して様子を見ていたのですが、導入前は夕方には土が乾いた状態になっていたのが乾いた部分が少しだけあるぐらいになってました。あまり湿り過ぎも根腐れを起こす可能性があるので、これぐらいがちょうど良さそうですね。

このプランターだけコンクリートの上にあるのも土が乾きやすい影響もあるのかもしれません。
 

締めの一言

数日家を留守にする可能性もあったので今回導入したのもあるのですが、ゴーヤの場合これだと1日が限界ですね。

花などのプランターなら数日は持つと思うのですが、このゴーヤは1日でペットボトルの半分水を消費しておりました。(^^;
 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする