Amazon Dash Button (ダッシュボタン)を購入し商品をボタン一つで注文しようとした結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

Amazon Dash Button (2017/01/25)

アマゾンのダッシュボタンを試してみたい!

サービス開始時より在庫切れが続いていましたが、ようやく復活して買えるようになったので注文してみました。

選んだのはネスカフェのダッシュボタンです。

バリスタで毎日コーヒーを飲んでいるので、エコ&システムパックは定期的に購入していますからね。

少なくなってきたらボタンを押して「注文完了♪」素敵やん。(^^)
 

スポンサードリンク

Amazon ダッシュボタンとは

ダッシュボタンを1回押すだけで事前に設定した商品が注文できるボタンなのです。(Amazonプライム会員限定)

ダッシュボタンを500円で購入し、ボタンを使って初回購入分からその500円が差し引かれる仕組みになっています。

最初はスマホのアプリを使って事前に設定しておくことで、ボタンさえ押せば注文できます。ただし家にWi-Fiがないと使えません。

商品が届くまでボタンを何度押しても1回分の注文なので、間違えて押して重複注文を防ぐことができるようになっています。

なお、事前設定した商品の価格が高くなっている場合があるので、注文後は確認するのがベストでしょう。一定時間内であれば注文の変更やキャンセルができます。商品発送後であっても商品を送料の負担なく返品できるそうです。

価格が10%を超えて値上がりしている場合はプッシュ通知で表示されるようになっています。

ダッシュボタンの電池は数年持つようで1000回以上利用でき、もし電池が切れたときもアマゾンが無償で交換してくれるようです。
 

Amazon Dash Button

Amazon Dash Button (2017/01/25)

▲ 郵便でダッシュボタンが届きました。

Amazon Dash Button (2017/01/25)

▲ 大きくもなく小さくもなく程よい大きさのボタンです。ボタンが1つに表示用のLEDがあるだけのシンプルな作りになっています。

Amazon Dash Button (2017/01/25)

▲ ボタンを押して注文し、届いた商品がこちらです。

Amazon Dash Button (2017/01/25)

▲ 商品とボタンの大きさ比較。ってか比較にならないか(笑)
 

価格に注意が必要

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め エコ&システムパック 110g

▲ ダッシュボタンが届いて試しに注文しようと思い、先に価格もチェックしておこうと思ったら897円になっている!

通常アマゾンでは798円だったのが99円も高くなってる。これじゃあ注文できないなぁ。

ちなみに近所のいつものお店では754円で売られているので、正直言えばいつものお店で買うのがベストなのである。

とりあえず注文は保留して、価格が戻るのを待ってから注文しました。でもこれってダッシュボタンの意味なくねぇ?

価格チェックするのならいつもどおり注文すればいいだけだし。

ちなみにアマゾンの定期便で注文すれば718円で買えるので、こっちの方が価格的にはお得なのである。
 

ダッシュボタンの良い点

なんといってもボタンを1回押すだけで注文が完了してしまうこと。

これはとても簡単です。

それにこのボタンは貼り付けることができるので、壁や棚などに取り付けて紛失を防ぐこともできる。

私はフックにぶら下げています。
 

ダッシュボタンの悪い点

今の価格がわからない状態で注文することになる。価格が固定されていれば安心なのだが、そうじゃないんですよね。

ダッシュボタンにより、今まで以上に宅配業者への負担が増える。

商品を受け取るのに家で待たなければならない。

近所で売られている価格よりも高い。
 

締めの一言

普段から買い物でお店に行く人で価格がお店の方が少しでも安いのなら、ダッシュボタンはお薦め出来ません。

買い物に行く時間がない人や、水などの飲料を注文する人には便利な商品だと思います。

飲料は重いですから、買って持って帰るにも一苦労。車ならまだマシだけど車じゃない人は買って帰れませんからね。

私はお店で買うことにしますが、お店で品切れや価格が高かった場合はダッシュボタンから注文しようと思います。
 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする