軽キャンピングカーやオシャレな小屋が気になる!自分の秘密基地を考え妄想でむふふする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

山小屋

家を持たず軽キャンパー(軽キャンピングカー)で各地を巡りながら生活している人が何人か居ますね。あと老後の趣味として軽キャンパーで温泉巡りなどをされている年配の方が多い。

軽キャンパーいいですね!

普通のキャンピングカーと比べて購入しやすい価格ですし、維持費も安いようですので一度は購入してみたいです。
 

スポンサードリンク

軽キャンパーと小屋

軽キャンパーが気になる。

そんな私はインドア派で家が大好きなんです(笑)

キャンピングカーって夏場に中で生活するのは厳しい感じがする。普通の車でも昼間はエンジンかけてエアコンをつけないと、中にはとてもじゃないけど居られない。夏場の生活は不向きですね。

家が好きな私は、別にクソ暑い時に出掛けなくてもいいじゃんと思う。

移動しないなら「小屋」でもいいんじゃねぇ?

つまり、動く小部屋と動かない小部屋。違うものではあるが、共通点として考えられるのが大人の秘密基地なのである。もしくは書斎ですね。

小さい部屋で過ごす秘密基地。憧れるよね〜
 

それでも軽キャンパーに憧れる

家無しで軽キャンパーだけで生活することは出来るのか?

正直、長期間は難しいと思う。

まず軽キャンパーには風呂もトイレも付いていない。ゴミの問題も出てくるし、シンクから出た排水の処理もしなければならない。

有料の施設を利用しているのならまだ問題ないとは思うけど、公共のトイレを利用したり、コンビニのゴミ箱を使うのも倫理的にどうかなと。

やはり拠点となる家は必要なんだと思う。実家がある人はそこを拠点に使えばいい。

家と言っても軽キャンパーがあるのなら、小さな家か小屋でもいいんじゃない?

そこから考えたのが、車庫に風呂とトイレを設置すれば問題は解決される。あと物置とか四畳半ぐらいの部屋があってもいいかもしれない。とにかく最小限で暮らせる場所があればそれでよい。

そこには電気が来ているのだから、軽キャンパーにエアコンを付けておけば、外部から電源を供給することで快適に過ごすことも可能だ。

理想の小屋を妄想する

最近は小屋を特集した雑誌が多くなってきましたね。面白そうなのはチェックして、どうしても欲しくなったら買うようにしています。

ネットでも様々な小屋を販売しているサイトも出てきてるので、それらを眺めて妄想するのが楽しいのです。

日曜大工を趣味としていますので、自分で小屋を設計して作るのにも憧れますよね。自分で設計するのだから理想の小屋を作ることが出来ます。気に入らない箇所が出てきたら自分で作り直せますし、不具合が生じたら自分で修理出来ますからね。

あ、建築確認や固定資産税などが必要なのかは、調べてないので知りません(笑)

あくまでも頭の中で想像してムフフするだけですから今は。

ただ、小屋は台風とかが来たら心配ですよね。よくニュースとかで屋根や小屋ごと吹き飛ばされる映像が流されているので、強風には弱い気がする。

それならコンテナハウスを利用するのも有りかと思っています。コンテナなら基礎をちゃんと作って固定すれば大丈夫でしょうし、地震にも強いでしょうから安心です。

締めの一言

自分が作りたい小屋を3D CADを導入して設計しようかとも思ったが、パソコンのストレージの容量がないので断念した。(^^ゞ

とりあえず普通のCADは使えるので2Dで設計してみようかとも思ってる。あ、設計としても簡単な間取り図みたいなもんですよ。

まあ想像しているときが一番楽しいんですけどね(笑)

キャンピングカーも時間があればYouTubeで動画をチェックしているんですよ。
 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする