ワインセラーの冷却が効きにくくなってきたのでバラしてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ワインセラー

DSC03185

ワインセラーを持ってる男 まさと(@masato_s0125) ですw

昔ワインが家でも飲めて気に入ったワインをストックしておけるようにとワインセラーを購入しました。それが十数年前のことです。

気温が急に高くなってきたので、ワインセラー内の温度を確認すると昔よりも冷えていないことが発覚!

DSC03179

こりゃマズイってことでワインセラーを確認すると裏側の放熱するための冷却ファンの空気穴がホコリでいっぱいになっている状態だった。そりゃ空気が入らなければ熱が篭って冷却機能が落ちるわな。

慌てて掃除機でホコリを吸い取ったのが数日前の出来事です。しばらく様子を見たのですが、まだ冷却がイマイチなのである。

そこで今度は内部を確認してみようとバラすことにしました。

DSC03181

中を見るとやはりホコリがいっぱいで放熱フィンもホコリが詰まっている状態だ。これじゃあ冷却が難しいわな。(^◇^;

さっそくファンも外して掃除機でホコリを吸い取った。

DSC03184

うむ、少し綺麗になった。

とりあえず元に戻して様子を見ることにした。温度は数度下がったが昔のようにはいかないな。

あと考えられるのがファンが寿命をむかえている感じもする。回転速度が遅いし不規則な動きをしている気がする。最悪ファンを新しいのに交換出来るように仕様を確認しておいた。

まあ十数年前の製品なんで寿命が来ているんだと思うけどね。

 

本日のまとめ

長年使用している電化製品はこまめな確認が重要だと実感した。

冷蔵庫なら頻繁に開け閉めするから冷えているか冷えてないか分かるのですが、ワインセラーは保存用に利用していることもあり頻繁に開け閉めしないから変化が分からないんですよね。

気をつけよう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする