安価な「アクションカメラ」を購入し変わりゆく道路の風景を動画で記録する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

アクションカメラ Campark

新名神高速道路の建設に伴い、道路の変わりゆく風景を定期的に動画として記録しています。

前まではコンパクトデジカメを使用して録画していたのですが、動画は30分しか連続して記録できない欠点があります。

そこで車を乗り換えたタイミングで、ドライブレコーダーを取り付けたのですが、画質がイマイチなのと少し傾きがあるので、映像としての記録には不向きでした。

そんなとき安価で売られているアクションカメラを発見し、思わず購入しちゃいました。

4Kに対応しているアクションカメラがなんと!10,800円とアクションカメラにしては激安なのです!
 

スポンサードリンク

Campark アクションカメラ

アクションカメラ Campark

▲ ついにアクションカメラを購入しました!これで長時間の動画を撮影することが出来ます。

撮影できる時間は、micro SDの容量や録画モードによって変わりますが、1080p30で64GBを入れたら10時間も撮影できると表示されててビックリ。ただバッテリーが2時間しか持たないんですけどね。(^^;

バッテリーに関しては充電しながら録画ができるようなので、今度試してみようかと思っています。

アクションカメラ Campark

▲ 付属品の多さに驚かされる。これだけあれば色々な用途で使用できそうです。

アクションカメラ Campark

▲ 組み合わせはこのように色々なパターンがあります。バイクなどのヘルメットに取り付けたり、サーフボードなのにも付けたり、自転車にも取り付けることが可能です。

でも私はほとんど使わないな(笑)

バイクは売っちゃってヘルメットだけ残ってるし、マリンスポーツはしないし、自転車は持ってないですからね。(^◇^;

アクションカメラ Campark

▲ 私の使い方はこれですね。前に買ったカメラスタンドを使用して、車を運転中に撮影します。

アクションカメラ Campark

▲ 前はダッシュボードに取り付けてコンデジで撮影してましたが、今度はフロントガラスに固定して上から吊り下げて使用します。

アクションカメラ Campark

▲ バックミラーの裏側に取り付けているので邪魔になりませんし、アクションカメラの液晶もミラーを見るついでに確認できるのでいいですよ。
 

アクションカメラ撮影した動画

▲ 実際に車に取り付けて撮影した映像です。

1080p30で記録していますが、これは4Kだとパソコンのスペック的に動画編集出来ないんですよね。それに早送りするので、1080p30でいいかなと。時と場合によっては1080p60で撮影すると思います。
 

不満ポイント

アクションカメラ Campark

▲ 一番の不満点としては、micro SDカードが普通では抜くことが出来ない。ピンセットで抜こうとしたらmicro SDカードが傷だらけ(笑)

小さなマイナスドライバーで取り外すことが出来ました。これは爪を引っ掛けて抜くこと出来ないですよ。

アクションカメラ Campark

▲ 固定具にカメラを取り付けると余計にmicro SDカードが抜けない。そしてこの状態だとバッテリー交換も出来ないのです。

おまけに固定具からカメラを外しにくいですしね。

まあ安いから仕方がないと割り切れるので、まだいいけど(笑)

あと操作するボタンが3つしかないので、非常にわかりにくいですし操作を間違える時があります。あ、最初は英語表示になっているので設定からLanguageで日本語にしなければなりません。日本語マニュアルは入っていませんので、届いたら最初戸惑いますよ。(^^;
 

締めの一言

商品は中国から送られてきますので、注文してから届くのに1週間ほど必要です。

安価な代わりに操作や取り扱いがちょっと厄介ですが、慣れれえば全然問題無いです。
 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする