「ひらくPCバッグ」初使用が2泊3日の旅行だった!収納力抜群の凄いヤツだわ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 92

IMG_1797

収納力に魅了されてしまった まさと(@masato_s0125) です。

なんと!「ひらくPCバッグ」を購入してはじめて使ったのが2泊3日の四国旅行でした。(^^ゞ

旅行に行くときはいつも動きやすいようにリュックタイプのバッグを使用していました。これにありとあらゆるガジェット類を詰め込んでね。でもいわゆる縦長なんで上部に無駄な空きスペースが出来てしまうのです。

そんなときは軽いのを上に詰め込んでいましたが、そうすると下にあるモノがすぐに取り出せないんですよね。「ひらくPCバッグ」は横長なので必要なモノが取り出しやすいのです!

そこで「ひらくPCバッグ」でも旅行できるのか試してみました。

 
スポンサードリンク

「ひらPバッグ」たくさん入るね〜!

DSC03842

今回の四国旅行で使用した「ひらくPCバッグ」の中はこんな感じです。中央に見えている青いのが着替えで1泊分を圧縮袋に入れています。これなら2〜3泊分でも入りそうな余裕があります。

着替えはTシャツ・下着・靴下の3点セット。別に長期でもホテルとかで洗濯したらいいだけなので、2〜3セットありゃなんとかなるね。

季節により上から羽織るものがいるかもしれませんが、暑いときは「ひらくPCバッグ」の空きスペースである上部に入れればいいだけの話しだし。

IMG_1797

「ひらくPCバッグ」の中に入っているモノです。

・MacBook Air 13inch マウス
・WiMAX GPSロガー 温湿度計 SDカードケース ボールペン
・ミラーレス一眼(NEX-5) コンデジ(DSC-HX9V)
・ダンボーのモバイルバッテリー
・ダイソーの小物入れ(バッテリー&エネループ・ケーブル類)
・名刺入れ 名札

あとは写真にはないけど着替えになります。
iPhoneやガラケーは身につけているので写真には含まれていません。

今回は、ホテルにあるのを使おうと歯ブラシや髭剃りは持って行きませんでしたが、やはり普段から使っているのがいいですね。次回からはカバンに入れます。

旅行で使ってみた感想

重さ

中に詰め込んだ状態で「ひらくPCバッグ」の重さを測ると「4.6kg」ありました。最初に肩から下げたときに思ったのは、重くてベルトが肩に食い込んで痛かった。

はじめて使うバッグだったこともあるのでしょう慣れていないこともあり肩が痛かった。これは旅行には不向きかもしれないと思った瞬間でした。

ただ慣れというものは恐ろしいもので、使っているうちに慣れてしまって肩の痛みも気にならなくなりました。(^^ゞ
今後も使うのでベルトに取り付けるショルダーパッドを注文しました。

横幅

横幅があるので、電車の中や人とすれ違うときは慣れてないと大変ですね。

電車の4人がけの窓際に座ってて感じたのは「取っ手が欲しい」です。電車から降りるときに隣に座っている人の前を通る時、「ひらくPCバッグ」を一時的に手で持たなければならない。このとき取っ手がないから不便なんですよね。

肩に下げたままだと横に座っている人にぶつけてしまう可能性があるから、座ってる時は肩から外しています。

アクセス

「ひらくPCバッグ」の中へのアクセスが非常に楽でした。中のモノを取るときはバッグを前に持ってきて、ファスナーを開ければすぐにモノを見つけられて取り出しやすいのです。

移動中にコンビニなどに寄って何か買ったとしても、ファスナーをあけて放り込むことが出来るので便利ですよ。

旅行での移動中はiPhoneの使用頻度が高いこともあり、モバイルバッテリーを使用して頻繁に充電していました。そんなときも「ひらくPCバッグ」の中にあるモバイルバッテリーにつながってるケーブルをファスナーから出して、腰ベルトにつけているiPhoneに刺しておけば充電が出来る。

倒れない

DSC03790

ホテルのテーブルの上に「ひらくPCバッグ」を置いてそのまま作業が出来る。自立するバッグなので倒れずバッグがペン立てのような感覚で使用できるのです。これはモノの出し入れが非常に楽でした。

本日のまとめ

旅行でも十分使用できる「ひらくPCバッグ」でした!「ひらくPCバッグ」1つで旅に出られるなんてステキですよ。

これからはこれ1つあればどこでも行ける機動力のあるバッグになりそうです。

この「ひらくPCバッグ」に赤とかのカラーリングで少し小型にしたのがあれば、女性でも買いやすくなるんじゃないかなぁと思ったりもした。
 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする