「ほぼ日手帳2014」のカバーラインナップが発表された!さあ、どれにする?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 95

ほぼ日手帳2014

ほぼ日手帳歴6年の まさと(@masato_s0125) です。

8月23日に「ほぼ日刊イトイ新聞」が販売している手帳『ほぼ日手帳2014』のカバーラインナップが発表されました。

2014年版の「ほぼ日手帳」は、過去最高のカバー数である全95種類を用意されてるとのこと!これは凄い。

9月1日(日) 午前11時から販売開始となります。ほぼ日で注文すると発送は例年と同じく10月上旬からだと思います。LOFTなどで購入できますが、ほぼ日で注文すると特典で色々なのがついているのでお得です。

それでは私が気になった手帳カバーを軽くご紹介しましょう。

カバーラインナップ – ほぼ日手帳2014

 

スポンサードリンク

 

オリジナル

グラスタイル

まず1日1ページで文庫サイズのオリジナルですが、マキノコレクション「グラスタイル」です。
これならプライベートでも仕事でも使用するのに問題がない無難なカバーかなと思ってます。

TARO/建設

次に気になったのが、凄い目を引くデザインのあの芸術家である岡本太郎の「TARO/建設」です。これはインパクトがある手帳カバーですよ!

 

ジッパーズ

FIELD PACK ブルー

次に収納力抜群のオリジナル用のジッパーズですが、「THE NORTH FACE」と一緒につくった「FIELD PACK ブルー」が唯一気になりました。

ジッパーズは前から凄い興味があるのですが、最近は欲しいと思えるカバーがまったくなくてガッカリしています。ラインナップにかなりの偏りがあるんじゃないかと思うぐらいです。

 

WEEKS

グレーボーダー

今年からWEEKSを愛用して自分には合ってると思う手帳です。これは1週間分のスケジュールが見開きに収まる週間タイプの手帳で、縦長のウォレットサイズです。

まず選んだのが、タイ&チーフ「グレーボーダー」です。ハードカバーが好きなので無難なのだとこれになります。

トリコロールチェック

次に気になるのが、チェック「トリコロールチェック」ですね。今年のは「マドラス・ブルー」なので同じ系統からすればこれになるのかなと思ってます。

 

カズン

ネイビー

カズンはオリジナルの2倍のA5サイズになります。カズンが初めて登場した時に買ったことがありますが、印象としては重くて大きいのでちょっと使いづらいかな。

カズンでカバーを選ぶとしたらカラーズ「ネイビー」になります。

 

購入を考えてるカバーは

TARO/建設

私が購入を考えているほぼ日手帳のカバーは、岡本太郎の「TARO/建設」です!

これだとまたオリジナルに戻ってしまうんですよね。何度でも使えるカバーだけの購入にしようかと思ったのですが、手帳を買わないと無駄になってしまう気がして。(^^;

WEEKSでこのカバーがあれば即買いなんですけど。。。

正直、これとWEEKSの「トリコロールチェック」のどちらかにするかを迷ってます。でも「TARO/建設」がインパクトあるしねぇ。どちらを選ぶかはもう少し考えたいと思ってます。

 

ほぼ日手帳公式ガイドブック2014

「ほぼ日手帳公式ガイドブック2014 ことしのわたしは、たのしい。」が既に販売されています。手帳と一緒に注文すればいいのですが、それだと届くのが10月上旬になってしまいます。なので先にAmazonにて注文しています。

ほぼ日手帳2014の紹介や愛用者の手帳の使い方である手帳術がたくさん掲載されています。ほぼ日手帳と同じく毎年ガイドブックも買ってるわ(笑)

 

本日のまとめ

今年もこの季節がついに来たか!って感じです。毎年の恒例行事なんですよね。

来年はどのカバーの手帳にするか選ぶのが面白い。そして届くまでが面白い。最後は届いた手帳を使う瞬間が楽しみになっています。

1日1ページである「ほぼ日手帳」あなたもお一ついかがですか?

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする